第1回きっかけプロジェクトレポート

11月29日(日)きっかけプロジェクト第1回目の『車いすバスケットボール体験会』を千葉ポートアリーナで開催しました。

ナビゲーターは京谷和幸、講師として千葉ホークス田中恒一ヘッドコーチ、川原凛、池田紘平各選手が担当。

体験会の前に京谷からこの日集まった13人の子供たちへ

「大きくても小さくても夢を持つこと、どんな出会いでも大切にすること、感謝する気持ちを忘れないこと」

この京谷の言葉に大きくうなずいたり、中には目を輝かせている子も見受けられるなど、さまざまな障害を持つ子供たちも競技用の車椅子を操作しながらドリブルをするなど楽しんでくれたようで、にぎやかな体験会となりました。

きっかけプロジェクトでは子供たちに「出会い」に触れ、学び、それを「きっかけ」に成長し、未来を育んでいけるよう今後もさまざまなイベントを実施し、そんな”きっかけ”の場を創造し続けます。    

きっかけプロジェクト事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA